冬の手前のお楽しみ

おはようございます。かとうふぁーむ中村です。

早いもので、11月も3分の1を過ぎました!
相変わらずのきまぐれ天気に翻弄されることもまだまだありますが、毎日の朝晩の気温の低さと日の入りの早さは季節の変わり目を教えてくれます。

11月といえば紅葉!
弥彦紅葉のもみじ谷では、紅葉の見頃を迎えているようです。(見頃も終盤かも…)
もみじ谷には行けていないのですが、畑から見える角田山も緑葉の中に紅葉があらわれ、深みのある美しさをみせてくれます。

そんなこの時期、宿根草にもユニークに紅葉するものがあります。
それがこのアムソニア ヒビリテイ。
ねじれ具合もあいまって、おもしろさではこの時期一番かもしれません。

紅葉する前はローズマリーみたいな濃緑なのですが、寒くなるにつれ徐々に黄色や紅色に変化しました。
葉の下から黄色に変わっていったので、最初は「栄養不足…!?」と焦ってしまいましたが、杞憂でしたねf^_^;

11月上旬、青々とした宿根草達の中でも紅葉したり、落葉したり、冬に向けて姿を変化させているものが増えてきました。
束の間の紅葉を楽しみつつ、それぞれの越冬のことを勉強していかなきゃと強く思う今日この頃です。


■今日の1枚
17時半のようす

ハウスの中はまっくらです。
ハウスでの仕事終わりが早いので明るいうちに仕事を片付けねば!


以上、かとうふぁーむでした!
2015.11.10 Tuesday | - |