砂嵐から始まる畑の春

こんばんは。渡部です。

当農場がある新潟市の海岸に近いところの土壌は砂地です。

なので時折強く吹く春風とともに細かい粒子の砂が舞って視界が悪くなります。

ハウスの換気も風向きをみて開けたり閉めたり調整が難しい時期です。

 

さてようやく春らしい陽射しが降り注ぐ季節となりました。

畑まわりの球根草花も地上に芽を出し、動き始めましたよ。

春一番、花を咲かせるのはスイセン。

春の訪れを喜んで歌ってるみたい。

suisen.jpg

アリウムパープルセンセーションも「おはよ〜」と両手を広げて芽吹いています。

こちらは2年目の球根。土壌になじんで昨年より良い花を咲かせてくれるかな?楽しみです。

IMG_8265.JPG

 

ちなみに当農場でも芽だし球根を販売中です。

アリウム、カマシア、エレムルスそれぞれいろいろ品種がございます。

球根草花は花だけじゃなく芽の出始めからワクワク感を教えてくれますよ。

植えっぱなしで毎年楽しめる品種がほとんどです。

是非、植えてみませんか?

 

 

 

2018.03.17 Saturday | - |