地域で一番幸せな店を目指して

 こんばんは、大原です。

 今日は「株式会社 新花」の新春講習会に参加してきました。

 公演は「地域で一番幸せな店を目指して」 講師は農林水産省の花き産業振興室長 佐分利 応貴 さんです。

 
講義の大筋としては・・・

 (花き業界が抱える)問題を解決するには当人がその問題を自覚し、小さなことからでいいので、行動に出ることが大切である。

 そして問題の発見して改善していくには、周りの人たちとのコミュニケーションが何より大事である。
                                                   ということでした。

 講義中は実例やいろいろな人の名言なんかもとりいれていて、とても分かりやすかったです。

 なかでも印象に残ったのは「やってみせ いってきかせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」という言葉。なぜだが凄く胸に響きました。
2011.02.16 Wednesday | 農業モニター |