スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.01.14 Saturday | - |

発芽

 コモンセージの発芽
2011.02.20 Sunday | 8号ハウス |

リナリア「コンフェッティ」

 何度も切り戻して丈夫な苗に仕上げます。
サイズは9cm。3月上旬の出荷予定です。

2011.02.13 Sunday | 8号ハウス |

発芽

マリーゴールド「ボナンザ」の発芽

2011.02.12 Saturday | 8号ハウス |

8号ハウスの様子(12月)

 12月の8号ハウスは・・・



 一粒一粒、手作業で播いた種が芽を出しました。一ヶ月前はまだ一部しか発芽していませんでしたが、今はほとんどのものが発芽しました。

 これからもっと根が伸びるのを待って、ポットに植え変えしていきます。
2010.12.08 Wednesday | 8号ハウス |

8号ハウスの様子(11月)

11月の8号のハウスの様子。

写真では一見、空きスペースのあるガラリとしたハウスに見えますが、実はここが今一番動きのあるハウスです。

写真1:8号ハウス全貌

どんな動きがあるかというと、毎日のように種まき、植え付け、挿し木、ポットの土詰めのいずれかの仕事がここで行われています。

今回はその中でも種まきのことについてご紹介したいと思います。
まず下の写真2がこれから種まきされるセルトレイ。セルトレイは幾つかの穴があり、それが一つ一つの苗の個室になっています。


写真2:セルトレイ406穴

写真に写っているのは全部で406個の穴があるトレイで、穴の直径は約15ミリです。
この小さな穴の中に、穴よりさらに小さな種を一つ一つ手作業でまいています。

私は今挿し木を主に担当していて、種まきの方には加わっていないのですが、種の播き方にもいろいろあるようでした。

中でも私が驚いたのは、一つの穴に6粒の苗を播く方法。しかもこの6粒は全て色違いの種なんです!

これが順調に育てば、たった一つで6色の花が咲く苗になる訳で・・・要は種の状態で寄せ植ですね。
よくプランターにいろんな色の苗を植えて寄せ植えを作りますが、これは種の時にそれをしちゃた訳です。

これが製品になると思うと凄くわくわくしますが、一つ15ミリの穴の中に違う種を6粒も種まきをすることを考えると、「種まき頑張れ!!」と声援を送らずにはいられませんでした。

2010.11.13 Saturday | 8号ハウス |

8号ハウスの様子(6月)

 今日もハウスの中にある花の内、2種類を紹介しま〜す。

1つ目はビンカ(百日草)という植物で、色は3種類あり、赤とピンクと白があります。病気にも強いのでオススメですよー

ビンカ(百日草)

 そして2つ目はスーパーアリッサムという植物で、白いお花がたくさん咲いて可愛いですよ。

スーパーアリッサム


 さて話は変わりますが、3号ハウスの紹介をした日から今日までずっとブログに写真が載せられないという問題が発生していました。

 しかしご覧の通り、ようやく問題が解決して写真をちゃんと載せられるようになりました。長い間ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

これまでのハウス紹介の記事にも写真を載せましたので、そっちの方ももう一度見ていただけると嬉しいです。
2010.06.30 Wednesday | 8号ハウス |

8号ハウス 《秋のようす 2009》

 8号ハウスでは色鮮やかな花を咲かせたパンジー・ビオラがいっぱい!!!

出荷シーズンはハウスの中も色鮮やかに染まります!!!










ちょうちょのような模様のお花も!!!




お花の模様もも百輪百色。
いろんな発見ができるのもお花畑の魅力のひとつといえるでしょう。
2009.11.22 Sunday | 8号ハウス |